Curly Giraffe / カーリージラフ

 

学生時代からベーシストとして数々のバンドで活躍。美大中退後、グラフィックデザイナーとして仕事をするかたわら続けていたバンド活動が忙しくなり、音楽活動に専念。いくつかのバンドでメジャーデビュー後も、ベーシストとしてのサポート、他アーティストのプロデュース、楽曲提供など多岐に活躍。とにかく、モノを作っているときが一番幸せと語る。コンセプチュアルなお洒落さと、ドロドロとした初期衝動が同居するカーリージラフワールドを基本形に、さまざまなフィールドで発信中。

2005年カーリージラフとしての作品をリリース後、創作のペースはまったく衰えるところをみせず、コンスタントに作品をリリース。

制作のほとんどすべてを一人でこなすアルバム制作のスタイルとは別に、ライブにおいては永年の仲間たちである凄腕の曲者たちとともにセッションを繰り広げ各地のフェス等で観客を沸かしている。

 

 

 

 

2005年10月、debut e.p『Curly Giraffe e.p』をタワーレコード限定発売。

2006年4月、1st album『Curly Giraffe』発売。外資系レコードショップ、i-tunes storeなどでロングセラーとなる。

2007年6月、2nd album『Ta-dah』を発売。フェスなどの出演が増える。

2009年4月、3rd album『New Order』を発表。

2009年10月、所縁のある女性ヴォーカリストを迎え、ライブのメンバーと共にスタジオ録音したセルフカバーアルバム『Thank You For Being A Friend』をリリース。同日、SHIBUYA-AXにて豪華ゲストを迎えたリリースパーティを開催。

2010年4月、オリジナルアルバムとしては4枚目となる「Idiots」をリリース。その後、バンド形態で初の全国ツアー。(仙台、大阪、名古屋、熊本、福岡、東京)

2012年3月、オリジナルアルバム『FLEHEMEN』を初のメジャーレーベルSPEEDSTARより発売。バンド形態で東名阪ツアー開催。

2014年、6枚目のニューアルバム『Fancy』をSPEEDSTARより2014年8月6日に発売。 9月13日(土)に「Fancy」発売を記念したライブ@渋谷WWWを開催。

2015年初夏、堀江博久と共に全国7カ所(富山、高松、大阪、名古屋、札幌、熊本、福岡)アコースティックツアーを開催。

 

Copyright © curlygiraffe.com All Rights Reserved.